星詠み - Hoshiyomi

side A - 本来の自分に還り、創造的に生きるために

「日記」を綴ることで得られる恩恵

 

 

f:id:bless-you:20170524083339j:plain

星詠みを始めてから、更に恩恵を感じている「日記」という存在

 

 

「未来日記」「引き寄せ日記」「手帳術」and more

「日記」という物にスポットライトが 当たっている昨今。

 

 

今回お勧めする日記は、

近頃流行の「自分で未来を創造する」という意味合いの日記ではなく、

「本来の自分を思い出し、繋がるため」の至極普通の日記について。

 

 

「その日あった出来事を記録する」「自分の感情を吐き出す」

そんな昔ながらの日記がもたらしてくれる恩恵についてのお話しです。 (*´꒳`*)

 

 

【 目次 】 

 

 

ミレニアムに始まった「自分へ還る物語」

 

 

 

2011年の年明け早々から。

ノロ ⇒ インフルのコンボを喰らった挙句に、家族にまで感染させた私。

盛大なデトックスをした直後の震災。

ソウルメイトとの離別が確定したのもこの年だったなぁ・・・

 

 

その勢いなのか、2011年から2012年の夏にかけて超大規模な断捨離に励んだ。

ソウルメイトへの未練やら、暗黒時代のアイテムやらを盛大に断捨離した後、

魂の対なる者の存在に気付くことに。

(ちなみに、当時は「ソウルメイト」とか「対なる者」なんて、全くわかってませんでした。

 そのことを知ったのは、2017年に入ってからです。)

 

 

こうやってみると、「目覚めのきっかけは2011年なのかな?」って思うけど。

実際は、2000年あたりから一連の流れは始まってたみたい。

 

 

百貨店を辞めたのが2000年。

八百屋で大根買ってくるみたいなノリで、今の家を建てて引っ越したのが2001年。

今の職場に派遣社員で入職したのが2002年。

ママン以外の家族が、入れ代わり立ち代わり入院したのが2003年。

酒飲んじゃ暴れる養父とママンの泥沼離婚裁判が始まったのが2004年。

正職員 & 転勤が内定してたのに離職することになったのもこの年。

ソウルメイトと出逢ったのもこの年。

 

 

そっから、ママンの番犬よろしく引き篭もりになったり。

酔っぱらって発狂した養父から「殺してやる!」って包丁突き付けられたり。

夜中に警察いっぱい来てもらっちゃったり。

最高裁の証人喚問に出廷したり。

どうにもこうにもならなくなって自分を生贄に差し出してみたり。

まぁまぁ‥。

世間で普通といわれる家庭じゃ味わえないような体験をたくさんさせてもらいました。

 

 

そんな人生最大のデトックスが無事終了したのが2007年。

ここからようやく、人生シナリオの2/3がスタートして今に至る感じ。

 

 

・・・とまぁ、こんな風にデスネ?

自分の人生を振り返ってみると、大まかな流れってものに気付けます。

その最中には気付けませんけども。

気付くどころの騒ぎじゃないんで!!!(≖ω≖)

 

 

でも、一つ一つの出来事が終わって、後から振り返ると。

  • 偶然なんてものは一つもない
  • それぞれにそれなりの意味がある
  • 自分が必要なことに気付くまで同じようなことが繰り返されてる

ってことに気付ける時が来ます。

 

 

何年も経っているのに、未だに同じ問題を繰り返しているコトに気付いて、

自己嫌悪に陥る時も多々ありますけれど。(現在進行形)

 

それだけ、受け入れ難い「自分」がそこに潜んでいる場合もありますし、

そこに連動する「別の何か」がブロックになっている場合もあります。

 

いずれにせよ、これまでの自分を客観的に眺め続けることで、

自分が何を「問題」としていたのかを理解し、融解することは可能になりますし、

自分では自覚せずとも、「詰まり」が溶けて消えていく場合もあるでしょう。

 

 

 

private設定のBlogがお勧め!

 

 

 

私のハイヤーさんからも、お勧めされてたんですけども。

 

 

日記を書くといいよ!

 

 

とにかく何でもいいから書くといいヨ!

始めの内は「今日はダルイ」とか「今日は〇〇食べた」とかネタは何でも

なんにも書くネタなかったら手形なぞるだけでもいいし

ペンでグルグル~とか、落書きだっていいヨ!

「その日はそんな気分だったんだなー」って後でわかるから

慣れてきたら、その出来事で「自分は何を感じたのか」を書くといいネ!

 

 

‥だそうです。

 

 

でも、これは一理あるなって納得してる。

上の項目でもお話ししたけども、その時にはわからないことって本当にたくさんある。

今は割と反映されてくるのが早くなってるように感じるけどね。

以前は、その出来事があってから数年経ってようやく意味がわかるとか、

「ここに繋がってたのかぁ!!」ってことに気付くみたいな感じのが多かったから。

 

 

それは「今」っていう時代のエネルギー的なサポートもあるだろうし、

「自分」と繋がりが強化されたってのもあるとは思う。

 

 

いずれにせよ、いくら反映されるのが早くなったとはいえ、

日々の日常の中で忘却されてしまう諸々を綴っておくことは大事だと思います!

 

 

  • 自分の思考のクセ
  • 同じことを繰り返していること
  • いつかの出来事の意味
  • 全てが繋がって「今ここに在る」こと
  • 自分が何が好きで何が嫌いなのか
  • 自分が本当は何を望んでいるのか
  • 自分で自分を誤魔化していたこと

and more

 

ハイヤーさんがお勧めするだけあって、本当に色んなことがわかってきますよ。(*´꒳`*)

 

 

ノートに手書きで綴るのが最高なんですけども。

私は、PCに打ち込む方が楽ちんなので、非公開ブログに長年綴ってきました。

ブログは本当に楽ちん!٩(ˊᗜˋ*)و 

 

・・・なんですけども。

 

最初からオープンブログだと、

他人の目を気にして本当に書きたいコトが書けなくなる場合があります。

何を隠そう、私がそうでした。

 

 

変に物分かりのいい大人ぶってみたり。

本当は悲しいのに、なんとも思ってない風を装ってみたり。

「他人にどう思われたいか」って方向に意識が向いて、肝心な自分の本心を押し殺したり。

更に酷いことに、その事にすら気付いてなかったっていうね!

 

 

まぁ、そういった体験自体も一つの経験になりますし、

自分の一面に気付いて受け入れる機会になるんですけどね。

 

 

今から「始めてみようかな」って方は、 

インナーワーク用の自己記録日記は、非公開ブログがお勧め デス!d(ŐдŐ๑)☆ビシッ 

 

 

アーカイブで目的の日付に一瞬で遡ることができますし、

記事一覧で、おおざっぱに出来事を俯瞰することも手軽にできる。

画像を挿入したり、誰かのBlogの気になった一言を貼り付けることもできる。

誰に見せるわけでもないので、他人から否定されることなど気にせずに、

頭の中の諸々を全て吐き出すことができる。

 

 

ぐるぐると形にならない思考を「文字」という目に見える媒体へ変換し、

記録することで、自分の思考、感情を改めて客観的に眺めることができます。

 

 

2007年に復職する以前の記録は、数年前に全て消去してしまったんですけども。

その頃以降の私にとっては、きっと必要がなくなったのだと思っています。

現在残っているのは、2007年11月以降の記録。

数えきれない程の、自分の「部分」がそこに在ります。

 

 

「日記」に吐き出し続けたおかげで、

私は本来の自分へ繋がることができたのだと確信しています。

 

 

毎日欠かさず記録できなくても構いません。

続けていく内に、「これは記録しておいた方がいい」とわかるようになります。

 

 

星詠みを始めてからは、こういった過去の記録が本当に役に立っています。

 

 

偶然などない。

全ては繋がっている。

 

 

過去の偉人たちの言葉を実感できる日が、きっと来るはずです。

 

 

 

 

 

 

今回は、この辺でお終いです。
最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

全ては体験するために在る。
どなたさまも良いアウェイクニングライフを!

 

 

必要な言葉が
必要な人に
必要な時に届きますように!
愛を込めて♡ *ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚

 


゚*。.ღ ⊹⊱ £ονё & βLёss уoц ⊰⊹ ღ.。*゚
Thank you.
I love you.